人気ブログランキング |

月一書店空想書店のあれこれ


by Qu-So

「テーブルの12か月ー花を飾ってコーディネーションを楽しむ」

a0229949_9223579.jpg

堀井和子さんのテーブルコーディネートと横山美恵子さんの花とのコラボ本。

この本は1994年刊行…というと驚かれるかもしれませんが
だからこそ行き過ぎない堅苦しくないテーブルのしつらえになっている。
ブランチやランチ、アフタヌーンティなんかの小さなパーティー向きといえます。

堀井さんの独壇場とも言える
デーブルクロス、食器類、カトラリーとの組み合わせは
今でも新鮮である意味背伸びしないでも取入れて行けるものがたくさん有ります。
この本の特徴は写真だけでなく、そのしつらえの理論も兼ね備えた
ところにあります。
ロケーション、シュチエーションなど背景やその季節を踏まえて
様々に指南をしてくれます。

どちらかと言えば、カジュアルな軽めの席の演出に添えられる花は
文字通り場の華やかさに通じています。

空間からの寿ぎとして花はまさにうってつけといえます。

12か月のそれぞれのシーン
楽しい会話のおめでとう、ありがとうのことばがそここに溢れています。

a0229949_9221884.jpg







a0229949_922228.jpg

a0229949_922283.jpg

a0229949_9222917.jpg

a0229949_9223099.jpg

a0229949_9223345.jpg
a0229949_9223586.jpg


テーブルのコーディネートに使われている食器、
本が出された当時、どこで探したらいいのかしらと思ったものばかりでしょう。
突飛なものや一時的な流行ものなどほとんどありません。
今でも流通しているものでしょう。
といって、どこでも手に入るかどうかは疑問ですが
どこか扱っているところ浮かんできませんか?

定番だったり、ロングセラーだったり、もしかしてお使いのものもあると思います。
コーディネートも年月を経た分敷居は低くなっていますが、見劣りしたりしません。
背伸びしないで、生活の中に取入れるコレ長続きできて身に付く秘訣かも知れません。

華やいだテーブル空間の演出におすすめです。
(by そら)
by Qu-So | 2012-01-07 09:43 | 1月出品