人気ブログランキング |

月一書店空想書店のあれこれ


by Qu-So

夜長のブレイクタイム。

12月も中盤。
正味半月で年が明ける…そんな時期になりました。

今年ほど生きることの大変さを感じたことはありませんでしたね。。。
秋頃になってようやく、一日が終わって、新しい朝を迎えられることに
喜びを感じることができるようになって・・・
一日一日の積み重ねで12月になって
もうすぐ新年です。

一月のテーマの
寿ぐ・・・ご存知のように喜びを言葉で表すと言う意味なんです。

ほんとうに新しい年に感じることは喜びですね!

寿ぐ・・・日本語の中でもとても美しい言葉だと思いませんか?
日本を再度感じてみたい。

そんな思いで1月の空想書店したいと思っています。

12月が終えてほっと一息ついたいま
1月を感じて行きたいと思うのです。

a0229949_2133490.jpg



日本の文化を様々にみてみたいと、
少し前に自分がほしいと買った
この本をゆっくりと読んでみたいと思っています。

岡本かの子著書「 歌集深見草」

深見草とは牡丹のことで、かの子氏が特に愛した花です。
昭和15年発行のこの本、
よくご無事でと愛おしくなるような装幀です。
表紙の深見草は手描きにみえるのですが…さてどうでしょう。

かの子氏には様々な風聞がありますけど
太郎氏に寄せる歌はまがうことない母の想いです。
そんな歌もたくさん詠まれているようです。

じっくりと向き合ってみようと思います。。。
(わたしにもわかると良いのですが・・・)

1月空想書店でお手に取ってご覧ください。

(by そら)
by Qu-So | 2011-12-16 21:19 | 考えたこと