月一書店空想書店のあれこれ


by Qu-So

「Memoraphilia」

a0229949_10334796.jpg


「memoraphilia」とはふとしたきっかけで回想にふけることだそうです。
写真はそのきっかけとなる大きな要素。

前書きで藤部さんはこう語りかけます。
「どうして人は物事を覚えておきたいと思うのだろう?どのようにして覚えておくのだろう?」

なにげない日常を切り取った写真が普遍的な意味を持つようになるには、撮る人の心に客観性が不可欠です。
藤部さんと被写体とのほどよい距離感こそがこの本の要だと思います。

写真に登場する本棚たち。
とても雄弁です。
沈黙する本たちが藤部さんによって語り始める。
その瞬間に、私はもうその本に寄り添っていました。

10月の空想書店『クウソウ・カイソウ』に出品します。
(by Umi)
by Qu-So | 2011-09-16 10:44 | 10月